オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロポーズには花束を

ピンクのかわいいブーケ

彼女にプロポーズをする、そんな特別なときにあなたはどうしますか、何を持ってプロポーズしますか。
そんな特別なときにおすすめしたいのが、花束です。
彼女にプロポーズをするのに花束ってなにがベタすぎるような気がする、そんな風に考えていませんか、そんなことはありません。
なぜ花束が昔から廃れることなくプレゼントや特別なときに送られているか考えたことはありますか。
花束はその自然な美しさでもらった相手の五感に語りかけます。
さらに花はすぐに散ってしまいますので、これはその一瞬のためだけのプレゼントといえます。
つまり、花束はその一瞬だけの時を特別に演出する最高級の本当に贅沢なものだといえます。

彼女にプロポーズするのは人生の一大イベントです。
なのでせめて何か特別な事をしてあげたいと思っていると思いますが、そんな時は迷わずに花束を送って欲しいです。
プロポーズの時には自分も少しだけでもいいので何か特別な事を形に表しましょう。
そうすればきっと彼女もその気持ちに答えて共に人生を歩んでくれるはずです。
自分が特別な気持ちを持って挑むのは本当に大変な事だとおもいます。
ですが、自分の人生の大きな決断を迫られることになる彼女も同じくらい大変なのです。
なので少しでも記憶に残り、特別なものになるようにしなければなりません。
そうすれば彼女も大変な気持ちを整理して、自分に真摯に取り組み、自分にとって最良の決断となるものをしてくれるはずです。

花束を贈る時

外でプロポーズ

愛する彼女にプロポーズする時、大抵の場合、男性はあのてこのてでサプライズを考えます。
なりゆきに従って結婚してしまった場合を除いて、彼女を夜景がきれいな場所やレストランに連れてったりと、世の男性諸君はプロポーズの手法研究に余念が無いのです。
彼女に限らずプロポーズは男女にとって人生の大きな分岐点です。
それゆえにどんなに小さな失敗でも許しがたく、結局何を言っていいのかがわからなくなることもあります。
そんな時に一考してみるべきなのが花束です。

男性にとってみれば手間も後処理も面倒な花束なんて使っても、と思うでしょうが、普段貰えなれていない女性にとって大変貴重なプレゼントです。
下手なサプライズを考えるよりも、結婚するにふさわしい場で愛や恋といった花言葉を持つ花束を贈る方が、彼女が喜ぶこと間違いなしです。
しかし、それでも男性にとって花は縁もゆかりもない存在であり、いざ選ぼうとしても詳しくない分いまいち釈然とせず、そうこうしている内に愛の代名詞であるバラだけを選びがちになってしまいます。
もちろん、バラも十分素敵な贈り物となりますが、プロポーズと一緒に彼女に捧げる以上、もう少しバリエーションを増やした方が彼女に真剣さが伝わります。
恋や愛にまつわる花は、バラの他にもアイリスや朝顔、カーネーションにチューリップなど多岐に渡って販売されています。
男性にとっては恥ずかしいことでしょうが、一世一代の勝負と思って、花屋の店員と相談したうえで検討することをオススメします。

彼女にプロポーズするときに花を送る男性も多いです。
彼女の好きな花、花言葉がプロポーズに関するものである花等、様々な候補がありますが、結局のところ花屋さんに相談することも多いです。
彼女が好きな花の場合には日頃からのそのような話をして、その情報を書き留めておくことも必要です。
日々の積み重ねがこの日に繋がっています。
実際に彼女にプロポーズする日にもいろいろと考えていて、花束をそのまま持参したら彼女にもわかってしまうので隠しておいたりします。
サプライズさせて喜ばせる男性も多いようです。
しかしそのようなことをする場所のお店の人も心得ていていろいろとサポートしてくれたりします。
プロポーズというとドラマ等では指輪を渡すパターンも多いです。
しかし男性からすると余程の自信がない限りは指輪を渡すのは勇気がいります。
もしだめだった場合という姿が先行してしまい、そうであれば別なもので、もっと安価なものを考えてしまうというのが現実です。

また嫌いでもなく、でもまだその気のない彼女であれば、指輪を渡されると結構重たく感じてしまうこともあります。
そのように相手の立場に立っていろいろと考えた挙句に考えるものを渡すことになります。
そのようなプレゼントと同様にすごく考えてしまうのがプロポーズの言葉です。
一生お互いの記憶に残ることににもなりますので、まだ彼女はその気でもない場合にはプロポーズの言葉と言うよりも、気かきいていて、なおかつこちらも重たく感じない探りを入れるような言葉であることがベストです。